会場別!結婚式二次会でおすすめの服装は?

結婚式の二次会となると、服装で悩む人もいるでしょう。結婚式の場合はフォーマルで、華やかな服装を着れば良いのですが、二次会となると選択肢が増えるために迷ってしまいます。
女性はワンピースを何着か用意しておくと便利です。コーデによって着まわすことが可能ですし、様々なシーンで活躍できること間違いありません。

二次会でNGの服装は?

二次会のみの参加でも、結婚式と同じようにマナーが問われます。二次会は夜に開かれることが多く、年配者の参加も少ないもの。昼間のパーティーよりも華やかで、多少の肌見せもOKです。でも、あまりに露出が激しかったり、新婦よりも目立ってしまう服装はNG。あくまでもお祝いで駆けつけているのですから、節度を守った服装を意識しましょう。
白い服装は、花嫁衣裳を連想させるので控えて下さい。ベージュ系でも、写真に撮ると真っ白にうつることがあるので注意しましょう。男性はブラック系のスーツが多いですから、女性は綺麗なカラーのワンピースを着ると、パッと会場が華やぎます。
素足にサンダルもよくありません。ストッキングをはき、少し高めのヒールできちんと感を出しましょう。
招待状に「平服で」とあっても、カジュアルすぎるのはよくありません。ワンピースに小物や羽織物でアレンジをしてみましょう。

二次会が、ホテルやフォーマルな会場のとき

二次会の会場によって、服装も応用させると浮かずに安心です。結婚式後に二次会が行われる場合、式に出席した人が着替えずにそのままの服装で参加します。フォーマルな衣装のゲストが多いということです。別日でも、格式高い会場で行われる場合は、雰囲気に見合った服装をしましょう。
スーツを着用してもOKですが、フォーマルすぎると華やかさに欠けてしまいます。ビジネスを連想させるスーツは避け、少し女性らしいラインがでるものや、フリルなどデザイン性のあるシャツをインする等で工夫しましょう。髪型やアクセサリーでも華やかさをプラスすると綺麗です。
ドレッシーなワンピースだと、フォーマルな会場にとてもマッチします。二次会の場合は腕を隠さなくても良いですが、ワンピースに似合う羽織りも用意すると良いでしょう。夏はエアコンの空調対策で透け感のあるもの、冬は防寒も兼ねてファー素材のボレロもおすすめです。

カジュアルな会場のときは?

会費が比較的リーズナブルで、結婚式とは別日に改まって行われる二次会もあります。会場はカジュアルなカフェやレストラン。新郎新婦は会費の負担を抑えたいという思いと、堅苦しくなくみんなに楽しんでもらいたいという気持ちを込めています。
このような二次会では、あまりにドレッシーな服装を着ていく必要はありません。むしろ会場の雰囲気に合わないでしょう。普段着で出席するゲストもいるでしょうが、できれば少しカジュアルなワンピースやスーツで対応を。普段着よりは綺麗めに、という気持ちで参加しましょう。

マナーをわきまえて、二次会を楽しく盛り上げて下さい。女性が綺麗な服装で出席すれば、会場が明るくなります。主役の新郎新婦も喜んでくれることでしょう。

メルマガを登録すれば、お得な最新情報をお届けします。 結婚式やデートなど、様々なシチュエーションに合わせたコーディネートもご紹介。 お悩みの方に嬉しい詳しいサイズガイドもご用意。採寸方法をご案内しています。 ドレスをグッと華やかにする、ぴったりのアクセサリーやグッズも揃っています。 20代~50代までそれぞれの年代に合わせたおすすめのドレスも提案。 お洒落なワンピースで結婚式の二次会もバッチリ